日本オート玩具株式会社

Q&A:日本オート玩具株式会社

以下代表的なご質問のQ&Aです。
クリックしていただければアンサー(お答え)が表示されます。

◯ ぬいぐるみは何個から作れるの?
一般的な動物系のぬいぐるみの生産数量は、サンプルとしての1個からでもつくれますがサンプルとして作成しますので1個数万円となってしまいます。
量産品の場合、生地の生産が出来ない場合は、最低数量(生地の生産数量)が必要になります。
ボア生地のぬいぐるみの場合、サイズが約20cmくらいで日本生産で500個から生産可能です。
海外生産の場合は、2,000個からの生産となります。
試作見本やパターンがない場合は、別途費用がかかります。
◯ ぬいぐるみの生産にはどれくらいの時間がかかりますか?
一般的にぬいぐるみの生産期間は、日本の場合は、約45日(生地の調達に3週間、縫製加工に3週間)が必要です。
海外の場合でも65日(デリバリー10日)位の生産期間が必要です。
このほかぬいぐるみの試作が必要な場合、試作期間として約3~4週間かかります。
国内、海外の場合でも同様で2回どの修正を行います。
◯ 予算は決まっているのでその中で提案したい?
お客様の目的やご希望価格と商品ジャンル(ぬいぐるみ、成型品、実用品、文具他)をお知らせください。
ご要望に沿う形でご提案します。
提案内容によっては、費用(サンプル購入代等)がかかる場合がありますのでご了承ください。
◯ このぬいぐるみと同じ素材がいい!
ぬいぐるみの素材は、様々な種類があります。
ナイレックス、ベルボア、ソフトベルボア、ボア、ボンネル、タオル、ハイパイル等
昔ながらのぬいぐるみ(ボアやボンネル)素材から肌触りの良いソフトな素材(ソフトボア)など商品を活かす様々な素材のご提案ができます。お客様から生地見本等をお持ちいただければご提案がスムーズにできます。
また、生地によっては、日本では生産しておらず生地の調達が出来ない場合があります。その場合は中国での生地調達となり、素材感が違ったり最低数量が増えたりします。
日本、海外においても生地等の調達が難しくなっておりますのでご理解ください。
◯ クォリティは妥協したくない!
現在は、中国製でも素材や品質管理のしっかりした工場を使えば品質は問題はありません。
それでも日本製をご要望の場合は、価格は高くなりますが生産可能です。
また、ご希望価格によりすべて海外生産や部分的に海外で作るなど様々なご提案が可能です。
ご希望の素材や数量をご依頼ください。
日本製の場合、生産数量が少量でも可能であることや納期が海外より短くすることが可能です。
当社にはMADE IN JAPANがあります。
◯ ぬいぐるみ以外の提案がほしい?
縫製ものでは、クッションやまくら、そのほかノベルティで使用している様々なグッズをご提案できます。
お客様のご要望についてできるだけ詳しくお知らせください。
お客様の目的、数量、おおよその予算等できるだけ情報をいただければ、絞り込んだ内容でご提案いたします。
縫製物の他文具や実用雑貨等のご提案もいたします。
◯ ぬいぐるみのサンプルを作ってくれますか?
ぬいぐるみを作るためにイメージイラストまたは、3面図(正面、側面、背面)が必要です。
3面図が無い場合は、費用はかかりますが当社でも制作可能です。図面作成(1面)1万円~
サンプル作製は、サイズにもよりますが5万円~10万円かかります。デザインにより専門職が作成します。
日本製または、中国製のサンプルとなります。
作成期間は、図面作成後約2~3週間ほどかかります。
◯ ぬいぐるみのサイズは、どれくらいから作れますか?
小さなぬいぐるみ(約5cm~10c)は、すべて海外生産となります。サイズにもよりますが生地調達の都合で3000個以上のオーダーが必要です。
約15cm~30cmサイズのぬいぐるみは、 日本製、海外製の生産が可能です。ただし生地調達ができない場合には、数量が増える場合があります。数量の目安としては、日本製500個~ 海外製2000個~
約30cm~50cmサイズのぬいぐるみについては、 日本製、海外製が可能です。また、部分的に海外にて生産し綿詰めや検針検品を日本で行うことができます。国内500個~ 海外1000個以上
◯ 大きなぬいぐるみはできますか?
一般的には、座りポーズの動物ぬいぐるみで高さ約50CM位まで可能です。
それ以上大きい場合は、弊社の特殊加工技術(HAPPTOY)をお勧めします。50cm~150cmくらいまでのサイズが可能です。
生産は、1体からでも生産可能です。
HAPPTOYは、中材に発泡スチロールの粉砕したものを充填することにより、軽量化と型崩れがない商品となっております。
サイズが70cm以上の場合は、縮小サイズで試作を行い監修後、実寸で作成します。
◯ ぬいぐるみやクッションの中材にはどんなものがあるの?
ぬいぐるみの中材は、一般的にはポリエステルの綿です。(写真1)
クッション等で使用するパウダービーズ(写真2)や低反発ウレタンチップ。
また、これらの素材を混合したミックス等お客様の企画に合わせて最適な中材をご提案します。
それぞれの材料に特性がございますので用途や使用目的をお知らせください。
 
写真1
 
写真2
 
さらに詳しいことを聞きたい

サイトポリシー プライバシーポリシー Copyrights (c)2013 NAT All rights reserved.